カラーチャート

透明封筒で開封率アップ|目を引く広告で相手のハートを掴む

デザインの決め方とは

パンフレット

パンフレット印刷で大切なことは、用途に応じたデザインを考えることです。いかに宣伝効果を高めるかが必要となります。ネット通販サービスならば、必要なテンプレートが利用できます。ただし色調の細かな調整などはできないので注意が必要です。

詳しく読む

サービスのラインナップ

カラーチャート

チラシなどの印刷で神奈川の業者を探すときには、サービスメニューの多さや、料金や納品の早さなどを総合的に考えるべきです。技術力のある業者の評価が高く、大手企業への納入実績も多くてウェブサイトの作成も同時に行う業者は魅力的です。

詳しく読む

呼んでもらってこそのDM

封筒

DMの内容が見やすい封筒

みなさんは自宅のポストに入っているDM(ダイレクトメール)の中を見ずに、捨ててしまった事はありませんか。それはなぜでしょうか。封筒を見ただけで、自分には関係のないものであると判断しているからではありませんか。しかしDMというのは、ある程度のマーケティングをした上で、ターゲットを絞って発送されている場合が多いため、中を見ると意外と興味をそそられる内容という場合もあります。こんな事態を防ぐために使いたいのが、透明封筒です。透明封筒であれば、すでに中身がある程度見えているので、封筒だけを見て捨てる判断をされる事はなくなります。透明封筒は中が見えるため、中に魅力的なキャッチフレーズのものや、デザインの可愛いもの等、興味があるものが入っていれば、自然と開封したくなるため、開封率のアップが期待できます。また、水に強いという点も利点です。雨でぬれて、中を確認することなく捨てられる事も防げます。天気関係なく、綺麗な状態のDMをお届けできます。透明封筒でDMを送ることで、今まで見てもらえなかった人にも、内容を見てもらえる機会を増やしましょう。

オリジナルを作ろう

最近ではオリジナルのデザインや、様々な色の透明封筒を作成してくれる印刷会社も増えています。オリジナルの封筒を作ることで、個性を出すことができるためおすすめです。大きさや素材も多様にあるため、内容に合ったサイズや素材、強度を使い分けるのも、お客様に良い印象を与えたり、情報を上手に伝えるためには重要なことです。わざと封筒の強度を強くし、開け口の粘着を強くすることで、開封に手間をかけさせ、印象を強く残させるという、透明封筒を使ったテクニックもあります。使い方や工夫の仕方によって、様々な事ができるので、上手に使う方法を考えてみましょう。もし、良いアイデアが浮かばない場合は、印刷店に相談をしてみましょう。インターネットから相談や注文ができる会社も多いので、そちらを活用しましょう。少しでも多くの人に伝えるためにも、透明封筒の使用を検討してみてください。

印刷会社に発注する利点

名刺

現在、名刺を印刷会社に発注すると、以前よりも安い料金で製作できます。理由は発注者がデータ作成を行い入稿し、印刷会社は印刷のみという方法が可能だからです。印刷会社に発注するメリットは、仕上がりの良さで名刺の仕上がり次第でビジネスチャンスを逃すことも考えられますから、印刷会社に発注することが賢明です。

詳しく読む